×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の皮膚病は、細菌感染、寄生虫感染、アレルギー、内臓疾患、ストレス、加齢など、原因は様々ですが、それらが複合的な要因となっている場合もあります。






犬の皮膚病ケアに

人にも犬にも安心安全な除菌ミスト

加齢による犬の老年性掻痒症(皮膚の痒み)

 

犬の皮膚は、加齢とともにセラミドや皮脂が減少していきますので、皮膚のバリア機能が徐々に低下していきます。

 

そして、保湿能力も少しずつ衰えていきますので、皮膚が乾燥しやすくなります。

 

皮膚が乾燥すると、外部からの小さな刺激に対しても、過敏に反応するために、皮膚の痒みが生じやすくなります。

 

皮膚に湿疹や腫れなどの異常が見られず、原因がはっきりと特定できない場合には、このような老年性掻痒症である可能性があります。

 

犬は皮膚に痒みが生じると、我慢できずに何度も掻き毟るため、皮膚が傷付いてしまい、皮膚のバリア機能が著しく低下していきます。

 

そのため、細菌やカビによる感染症、ノミやダニに対するアレルギー、アトピー、接触性皮膚炎などの皮膚病に罹りやすくなります。

 

既に皮膚病を患っている場合には、このような皮膚の老化によって症状がひどくなったり、治りにくくなっている事もありますが、保湿や皮脂を補うなどのスキンケアによって、症状が緩和できる場合もあります。